一緒に働きたい仲間がいること

先日、東京でのお仕事がありました。

せっかくの東京での滞在中は仕事の合間を縫って、
東京のホテルで働く友人たちのもとに挨拶へ。

3連休中でどこのホテルもすごく混み合っています。
みんな忙しいのは承知していましたが、
ホテルの部署ごとに、一瞬の忙しさから解放されるタイミングの予想がついていたので
そこを狙い、ペニンシュラホテル、パレスホテル、リッツカールトンへ。

予想したタイミングは的中し、どのホテルでもゆっくり雑談をする時間まで持てました。
リッツカールトン東京では、ホテルのロビーや客室内は以前にもショールームしてもらっていたのでよく知っているのですが、
今回は友人の計らいでレジデンス内を案内してもらうことに。
実はリッツカールトンのレジデンスの中に入るのはこれが初めてです。

リッツカールトン東京レジデンス

高級感溢れるレジデンスのロビーは住んでいる方たちだけのスペースなので、
ホテル以上に静寂です。

また居住スペースも当然のことながら素晴らしいのひとことでしたが、
特筆すべき点はやはりコンシェルジュサービス。

リッツカールトンが運営しており、ホテルとしてのサービスが提供されるので、
サービスエクセレンスが非常に高く、際立ちます。

一流を知る人のための特別な空間作り。

上質で優雅な空間に身を置くということは
心を豊かにしてくれます。

その夜はリッツだけでなく色々なホテルで働く友人、
たくさんの懐かしい顔ぶれが集合し、一緒にゆっくり食事をすることができました。

集まった皆はリッツ大阪時代の元同僚で東京にリッツカールトンが開業した2007年に大阪を離れた人たち。
そんな彼らとの再会は食事というより、思い出話に花が咲きます。

誰かが一声かければたくさんの懐かしい顔が集まるということが、本当に嬉しいことだと感じたと同時に、
そんな彼らと一緒に仕事をすることが出来たという経験は、私にとっての一生の財産となっており、また一緒に働いてみたいと思えた瞬間でした。

こんなにたくさんの一緒に働きたいと思える仲間がいることは、幸せなことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。