サービスの基本を学ぶ

最近、自分自身のブログを見返していると、
ホテルスクールの講師としての仕事の話題のほうが多くなっていました。
今、自分自身がここに力を入れているためかもしれません。

先日はホテルスクール新入生のための合宿に参加いたしました。
自然に囲まれた合宿場、
その周りには何もありません。

そこでの1泊2日の限られた時間。
学生はホテルマンとしてふさわしい身だしなみにはじまり、
笑顔や歩き方、所作など基本的なことを中心に教育されます。

いまどき古いかも知れませんが合宿中の指導はかなり厳しいもので、
時折、講師陣からの喝も聞こえていました。

実は、私が担当する学生は海外から日本のホテルサービスを学びに来た人たちばかり。
そのほとんどは将来、日本のホテルだけでなく、インターナショナルに活躍することを望んでいるようです。
自国を離れわざわざ日本にまで来て学ぼうとする人たちですから、その意識は非常に高く、日本人以上に日本の心を吸収しようと必死です。だからこそ私たち講師もそれに応えたくて、常に全力でぶつかっていきます。

たったの2日間でしたが、
学生も私たち講師も朝から晩まで
休憩時間を除けば気持ちの休まる暇は全くありませんでした。

合宿の終盤になると、
彼らの意識がどこを向いているのか、それがさらに明確に感じられるようになっており、
とても意味のある時間になったと感じています。